日記

栃木の研修3 行く手を阻む、謎のX嬢? ノ巻

この記事は約 3 分で読めます。

ようこそ 飴のブログ【遣らずの飴】へ
『遣らずの雨*1』って、なんとも切なく色っぽい言葉だと思いません?

あまりに更新していると、台風とは云え暇なのがバレて痛々しいですね(爆)
さて、気を取り直して、昨日の続きです

衣装の入った紙袋を片手に、宴会会場へと向かいました
すると、U子ちゃんがぐっと飴の浴衣のそでをつかんだのです

U「あ、飴さん、あれ・・・」

指差すほうを見てみると、
な、な、なんと社長よりも上座に見たことのない女性が座っているでは有りませんか!

飴「誰、あの人」
U「なんか、嫌な予感がするんですけど・・・」

そんな雲行きの怪しいまま、宴会はスタート
乾杯の後、しばしの歓談時間となりました
私とU子ちゃんは、その女性の動向が気になって仕方ありません

そして、いんちき司会者風に大きな蝶ネクタイをした、人間が登場
いったい彼女が誰なのか、正体もわからぬまま
今回の宿泊研修の、メインイベントとも云える出し物コーナーがスタートしました

司「えー、ではまず審査員の皆さんをご紹介します
  では、代表で審査委員長からひと言お願いします!」

と、司会が謎のX嬢にマイクを向けるではないか
思わずぽかーん、とクチがあいてしまった
まさに、なぬーである

X「えー、急遽今日の審査委員長に抜擢されました!
  よろしくお願いします
  皆さんの日ごろを知らないので、逆に公平な審査が出来るんじゃないかと思っています
  尚、男性の多い職場ですが、女性もがんばって出場されるとのコト
  社長のように、若さやお色気で、高得点は狙えませんが、ぜひ頑張って!応援してます!」

「・・・・・」
思わずU子ちゃんと顔を見合わせた

がーん!は、話がちがーう!!(泣)

社長いったじゃん
(2人でかわいい服きて、唄ってくれたら優勝でいい
 2万円は2人でわけていいからさ♪)
あれは、いったいなんだったんだ

鬼怒川からの帰り、さっそくその1万円をあてにしてるのは云うまでもあるまい

悔しくて、A作(もう1人の福岡支社くん)の方に、くるっと向いた
・・・・・・・・・
でた
でた、でた、でた
こいつはいつもこれだ
半年一緒に仕事をしてきたが、このノー天気さを恨めしく思ってはいけないだろうか
この酔ってゆでダコ状態の、こやつの首を絞めていいだろうか

ピィピィー!と指を鳴らし、大盛上りで喝采を贈っていた

ぉぃぉぃ盛り上げてる場合じゃないだろう

*1:遣らずの雨(やらず-の-あめ):まるで訪ねて来た恋人を引き止めるかのように降ってくる雨の意

ABOUT ME
飴(あめ)
気ままな放置プレイヤー飴(あめ)。 ずーっとネットの中で生きてます。