その他

Seria(セリア)のふんわり厚焼きホットケーキ型で焼いてみた<時短で大歓迎>

この記事は約 4 分で読めます。

先日買った、Seria(セリア)のふんわり厚焼きホットケーキ型。

 

[blogcard url=”https://yara-ame.com/hobby/3191″]

 

購入から少し間があいてしまいましたが、この型を使ってホットケーキを焼いてみました。

今回は、ふんわりホットケーキが本当に焼けるのか?のレビュー記事になります。

Seriaのふんわり厚焼きホットケーキ型について

セリアで売っていて、カフェの厚焼きパンケーキのような仕上がりになるという、素晴らしい100円グッツです。

前回、これを3個購入しました、という記事だけ報告していました。

ふんわり厚焼きホットケーキの作り方

【作り方】

  1. 必要な材料をそろえて、生地を作ります。
  2. 持ち手の高さを目安に生地を流しこみ、トントンと下に軽くたたきつけ空気を抜きます。
  3. 温めたフライパンに型を置きフタをして様子をみながら、弱火で約7分焼きます。
  4. 生地が膨らんできたら、ミトン・フライ返しを使い、ひっくり返して弱火で約3分焼きます。

作ってみました

では、この手順で素直にチャレンジしてみます。

今回使うのは、オーマイ ホットケーキミックスです。

200gのホットケーキミックス粉と玉子、牛乳で生地を作りました。

ホットケーキミックスの裏にある作り方そのままです。4枚分となってます。

シリコンの型3つにマーガリンを塗りました。

そしていよいよ、生地を型に流し込んで、少しだけ温めておいたテフロンのフライパンに直置きしました。

生地は持ちてのあたりまで入れてます。

ちょうど3枚分の生地を使った感じです。

いっぺんに3枚焼けるとするとすごく便利かも!?

フタをして、7分のタイマーを掛けます。

7分たったので、フタを開けてみました。

さっきまで持ち手までしかなかった生地が、上の方まで膨らんでいます。

ミトンやフライ返しで、と書かれてましたが、私の場合は両方の持ち手を直接手で持って、ひっくり返しました。

そしてまた、フタをして3分です。

完成。出来上がりは、成功かな?

ひっくり返した面は、こんがりきつね色。

少しひっくり返すのに失敗しました。

空気が入ったり偏ったりしてしまいました。

フライ返しを使うともっとキレイになるのかも知れません。

型から取り出してみました。

持ち手掴んで、左右に振ると、スルスルと型から出すことが出来ました。

フライパンの中で裏面を焼いた時は、型で隠れていましたが型の底面もちゃんと焼き色が付いてます。

まとめ(感想)

初めてでもちゃんと高さのあるふんわりホットケーキが完成しました。

マーガリンとメイプルシロップで完成です。

料理がちっとも得意ではない私でもスムーズに焼くことが出来ました。

高さのあるホットケーキに子どもは大興奮。

作るのはとっても簡単でした。

そして何より、3回焦がさないように気をつけながらホットケーキを表裏と焼くより1回で3枚焼ける方が絶対時短!です。

実験をやるような気分でしたが、とても大満足な結果となりました。

 

じゃあね!また遣らずの飴でお逢いしましょう。

ABOUT ME
飴(あめ)
気ままな放置プレイヤー飴(あめ)。 ずーっとネットの中で生きてます。